保健師 募集

保健師ならチェックしておきたい募集案件一覧

人々の健康志向が高まったこともあり、最近では保健師という職業の需要が以前と比べると増えているようです。また保健師の働く場所も、行政が管理している保健管理センターだけではなく、企業内の医務室や健康管理センター、学校の保健室、老人ホームなどの介護施設といったように、多岐にわたっています。保健師の求人募集をする上で、それぞれの場所での保健師が、どういった業務にあたるのかを把握しておくことも必要でしょう。

 

最近の保健師の求人募集で、とくに人気が高いのは、一般企業内にある医務室や健康管理室で働く産業保健師という職種でしょう。その人気の理由としては、休日がその企業の社員と同じように基本的に土日が休みとなるという点と、勤務時間がきちんと定められているという点が挙げられます。また給与面でも、ほかの職場の保健師よりも比較的高くなっているというメリットもあるようです。このような理由から企業内での保健師の求人は情報が出た途端に定員枠がいっぱいになってしまうため、気づいたときには求人募集が締め切られていたというように、なかなか面接にまでこぎつけられないようです。

 

市町村や自治体での保健師の求人募集も多くあるようです。こちらは企業内の保健師とは違い、正社員での雇用ではなく派遣やパートとして短時間の雇用が多く行われています。したがって、子育てや家庭の事情などで正社員のように長時間働けない人にとって、人気があるといえるでしょう。また正社員としてフルタイムで働く行政保健師の場合は、産業保健師などと較べると業務が忙しいといわれていますが、福利厚生が手厚いという面を重要視している人からは人気があるようです。

 

また、近年増えてきているのが、学校での保健師としての勤務です。子どもが好きな人にとっては子どもと直接触れ合えるという理由で、この職場を選ぶ人も多くなっています。そのため人気も高く、求人情報がなかなか入手しづらいことになっています。

 

保健師の求人入手難易度

保健師として求人を探すときに気になるのが、求人倍率です。行政保健師の場合はイメージしやすいのですが、他の職場はどうなっているのでしょうか?

 

まず、特に倍率が高く、入手困難なのが企業保健師の求人です。採用枠が少なく、時期が不安定というのが転職の難しさにつながっているようです。

 

次に、意外にも求人探しが難しいのが病院保健師の求人です。看護師が不足している病院では、看護師としての採用の場合もあり、保健師ならではの仕事ができるとは限らないので、事前にしっかり確認しておく必要があります。